menu

よくある質問

患者様からの疑問点をまとめてみました。
※質問をクリックすると解答が出てきます。

当院について

 
Q1.交通事故の際、接骨院でも自動車保険で治療は受けられますか?
A1.基本的に問題はありません。病院・医院と同じように使えます。また治療途中でも病院や医院からの転院も可能です。整骨院・接骨院は国が認めている保険医療機関です。患者さんは自分の身体を管理する場所(医療機関)を自由に選択できる権利を持っています。安心して治療を受けてください。
 
Q2.接骨院、整骨院、整体等、どこに行けば良いのか分かりません。
A2.接骨院と整骨院は、基本的に柔道整復師の国家資格をもつ者が治療にあたり、違いはありません。
整体という資格は特にありません。
カイロプラクティックという国家資格は、日本にはなく、全て民間の 認定です。
なお、整体、カイロプラクティックとの名称の治療院にも、柔道整復師や鍼灸師等の国家資格 を持つ先生が、治療にあたられているところもございます。
患者様の安全面から考えますと、接骨院、整 骨院、整体、カイロプラクティック等の名称に関わらず、国家資格を有する治療院での診療をお勧めいた します。
国家資格を有しているということは、基礎医学を修得している事の保証を意味するからです。
もちろん国家資格は有していないものの熱心に勉強され、優秀な先生方もおられますので、そういった所 を選ばれるのも良いでしょう。
その場合には、国家資格を有する治療院を選ぶ際より、より慎重に治療院 を選ばれる方が良いでしょう。
 
Q3.保険は使えますか。
A3.接骨院では国民健康保険、社会保険、組合保険、共済保険等が使えます。母子家庭や乳幼児医療助成制度 も使えますので、ご安心してご来院ください。
生活保護の方は、事前に市役所にて手続きをしてください。
労災や交通事故の保険も使えます。ご不明な点はご遠慮なくお申し付けください。
 
Q4.休みの日でも診察してくれるの?
A4.当院は、日曜・祝日、本院では午前7:00~8:00、分院では午前9:00~11:00にて診療いたします。また、急患の際はご連絡いただきましたら対応させていただきます。
 
Q5.領収書の発行はしてもらえるの?
A5.支払い時に受付にて必ず、そのつど発行いたします。領収書は再発行できませんので、大切に保管していただくようお願いいたします。
 
Q6.コルセットやサポーターの販売もしているの?
A6.当院では、患者様の症状に適した装具をお渡しするようにしております。
各部位・症状に対するコルセット・サポーターは多数取り揃えております。
他では、販売していないスパ イラル療法専用の物をご用意しております。
販売価格は当院スタッフまでお尋ねください。
 
Q7.どんな格好で行けばいいですか?
A7.特に指定はございませんが、できれば短パン・Tシャツやスウェットまたはジャージなどの、患部を出し やすく、動きやすい服装でお願いいたします。膝の怪我で来院されているのにジーンズなどで来られた 等、施術に影響を与える場合はお脱ぎいただくこともございます。
 
Q8.駐車場はありますか?
A8.本院は、医院の前に2台分の駐車スペースを設けております。
満車の場合はお近くの有料パーキングをご 利用いただく場合がございますのであらかじめご了承ください。
また、分院は、有料の駐車場がございます。
 

接骨院治療について

 
Q1.接骨院で骨折等のリハビリはやっていただけるのですか?
A1.はい、リハビリすることも可能です。ただし、骨折の後療や、各疾患(脳梗塞など)による関節の拘縮・筋肉の萎縮などは、医師の指示や紹介状が必要となります。
 
Q2.接骨院ではどのような症状が対象ですか?
A2.接骨院の治療範囲は、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷となっていますが、痛みの多くは身体に何らかの形 でストレス(外傷)を受け、その結果痛みがでてきたと考えられます。 ひざの痛み・腰の痛み・首の痛みやその他関節の痛みなど、あらゆる痛みに対応しています。
 
Q3.接骨院で骨折は治りますか?
A3.接骨院は、読んで字の如く「骨を接ぐ院」です。当院では、設立から約20年間、数多くの骨折・脱臼の症 例に対して施術して参りました。手術の不可欠なもの(骨が体外に出ているもの、内臓に損傷があるもの 等)以外は、当院にお任せください。 また、継続しての施術や、X線撮影などは、医師の診察・同意が必要となりますが、当院では病院との提 携体制をとっておりますので、ご安心ください。
 
Q4.接骨院・整骨院は整形外科とどう違うのですか?
A4.接骨院・整骨院は柔道整復師という国家資格を取得した者が治療に携わり、投薬や手術をすることなく、スパイラル療法をもって自然治癒力を高め、治していくことを目的としています。
 
Q5.治療費はいくらぐらいかかるの?
A5.治療費については保険負担割合や治療箇所により変動いたしますが、多くは1580円~2580円以内で済みます。
ただし、衛生材料費やコルセット、サポーター代金などは別途必要となりますので、ご了承ください。
 
Q6.会社の保険組合が接骨院では保険が使えないと言っていますが?
A6.健康保険組合でも、接骨院での治療ができます。組合保険から後日、「接骨院への治療日数・部位・金額 等の照会」が患者様の元へ文書でくる場合がありますが、そのような書類に対してはご自分で判断なされず、当院にご相談ください。
 
Q7.整形外科などへの専門医療機関への紹介はしてもらえるの?
A7.骨折の疑いでレントゲン検査が必要な場合や、内臓疾患からの疑いがある場合は、それぞれの専門医療機 関へ紹介状を出すようにしておりますので、ご安心ください。
なるべく、患者様のかかりつけ医に紹介状を出すようにしております。
 
Q8.どんな治療をされるのですか?
A8.基本的には痛みを伴う施術は致しませんので、ご安心ください。ただし、症状に応じて、やむを得ず痛み を伴う施術が必要な場合もございます。しかしそれは、その施術が治癒にもっとも近い方法であると判断 した上での行為ですので、ご理解ください。
また、そのような場合は必ず施術前に告知いたしますので、「痛い治療だけはどうしても…」という方は、 事前にお申し付けください。ご希望に沿った治療で施術いたします。
 

スパイラル・テーピング療法について

 
Q1.妊娠をしていても治療を受けられますか?
A1.つわりのある妊娠中から臨月、産後にわたり、いずれでも治療を受けることができます。
妊婦は、お腹を 押されるのが怖いという不安感を抱くかもしれません。
しかし、スパイラル・テーピング療法は、妊婦 さんに負担をかけないように工夫されていますのでご安心ください。
 
Q2.腰痛のほかに内科疾患をみてもらえますか?
A2.まずは、内科の検診をお勧めします。そこで、病理的問題がなければ単なる働きが悪いということになり ますのでスパイラル・テーピング療法の適応です。
神経機能の働き、筋肉の働きなどを改善するのに効果 を発揮します。
例えば、腰痛で、生理痛がある。下痢や便秘が続くなど、腰の神経と関係する部分の働き を活発にします。
 
Q3.子供や老人も受けられますか?
A3.スパイラル・テーピング療法には年齢制限がありません。安心してご利用ください。
 
Q4.スポーツ障害をみてもらえますか?
A4.可能です。急性外傷の場合、接骨院で保険が適用できる場合が多いので、まず接骨院で受診されることを お勧めします。慢性化した障害、もうひとつすっきりしないなどの場合には効果が期待できますので、リ ハビリテーションのつもりで、利用することもできます。
 
Q5.保険は利用できますか?
A5.日本には、スパイラル・テーピングの法律がないので保険診療が使えません。
保険治療は国民健康保険、 社会保険、組合保険、共済保険等が使える接骨院での治療を行います。
 
Q6.整形外科とスパイラル・テーピング療法の違いは?
A6.スパイラル・テーピング療法と整形外科が扱う病気はかなり共通しています。例えば、腰痛、肩こり、五 十肩などです。両者の診断法と治療法を説明すると、整形外科は診断に際し、医学的検査(神経学的、整 形外科的検査など)レントゲンなどの画像検査を行います。スパイラル・テーピング療法では整形外科と 同様に医学的検査や画像検査も行いますが、それに加えてOT103という検査機を用いての全身の筋肉 のバランス検査を行います。全身の筋肉のバランスとは、体のどのようなバランスのずれをおこしている かで症状が出現しているかを確認します。その検査結果を用いて触診を行います。触診では、医学的検査 や画像検査では捉えられない異常を熟練した手の感覚で見つけ出します。関節の動きの悪さや筋肉の異常 な硬さ、皮膚の張りや温度の変化を探すのです。腰痛や肩こりで整形外科にかかると、「レントゲンでは 骨に異常はありませんね。」と症状のある部位を見ず、触りもしないことがあります。そして、薬や注射 で治療をします。スパイラルテーピング療法は、上記の様々な検査結果から総合的に異常を判断し、マニ ピュレーション、物理療法、エクササイズ処方、生活習慣改善指導など安全で自然治癒力を生かした治療 を行います。
 
Q7.何回ぐらい通うとよくなりますか?
A7.同じ症状でも人によって異なります。人間の体ですから経過を判断しないと、個人差がありなかなか断言 はできません。ですから目安としてご理解いただきたいのですが、まずは5~6回くらいとお考え下さ い。もしその時点で良くなっていなければ施術を継続してください。どのくらい長くわずらっているの か?どのくらい状態が悪いのか?などでどうしても変わってくるものです。例えば肩こりでも、疲れて2 週間前からの肩こりと、5年来の肩こりではどうしても施術回数に差がでます。不安な場合はどうぞお気 軽におたずね下さい。
 
Q8.痛くないですか?
A8.基本的には痛い治療はいたしません。患者様に最も適した治療法を相談し、選択してまいりますので、ご 安心ください。
 

鍼灸院治療について

 
Q1.鍼治療って痛くない?
A1.鍼治療というと"痛い"というイメージをお持ちの方が、多いと思いますが、体質、敏感さに応じて、鍼の 太さ、手技を変えて治療を行います。決して痛いものではありません。
 
Q2.お灸って熱くないの?
A2.従来のお灸の方法では、熱いのを我慢する必要があり、最近は関節灸といって、直接皮膚の上に行わない 方法がほとんどですので、熱いというよりは、暖かくて気持ちが良いほどです。
 
Q3.鍼が合わないことはありますか?
A3.基本的に金属アレルギーの方以外は鍼が合わないという事はありません。
あった場合は体質と行った治療 法との相性が悪かったと思われます。一口に鍼治療といってもいろいろなタイプの方法があります。
当院では、患者様に最も適した治療法を選択してまいりますので、ご相談ください。
 
Q4.鍼灸治療間隔はどのぐらい?
A4.症状によって違いますが、痛みが強い場合は間隔を空けずに数日続けた方が効果的です。
難病や慢性疾患 の方は週1~2回で、健康管理や病気の予防などは月1~2回でいいと思います。
鍼灸師により考え方は 様々です。よく相談した上で治療をお気軽にご相談ください。
 
Q5.治療後はお風呂に入ってもかまいませんか?
A5.現在の鍼や灸は体に傷をつけることがありませんので入浴は特に問題はありませんが、特別に入浴に関し て治療上の指示があった場合は控えてください。例えばぎっくり腰や捻挫など、急性なもので患部に炎症 を起こしている場合は入浴を控えてください。
 
Q6.鍼灸は本当に効くの?
A6.逆に考えてみましょう。効果のない治療法が2000年以上もどうして続いているのでしょうか?WHO(世 界保健機)も鍼灸が多くの病気に効果があることを認めています。
最近、中国や日本などアジアだけでは なく、ヨーロッパ、アメリカで広く実施されています。
特にアメリカではすでに900万~1200万人が鍼 灸治療をうけているなど人気が高まっています。
しかし、すべてのかたに鍼灸治療の効果が表れるもので はありません。
 
Q7.鍼で病気に感染することはない?
A7.エイズや肝炎などが感染しないか心配だという声も聞かれます。
確かに昔は衛生の管理が十分でない面も ありました。しかし、現在の鍼灸院は、安全面も衛生面も非常に改善されております。
当院でもディス ポーザブルタイプ(使い捨て)の鍼を使用しておりますので、患者様への感染はまずないとお考えくださ い。
 
Q8.鍼灸治療に健康保険は効くの?
A8.鍼灸治療は自費治療となっております。ただし、尼崎市は、はり・きゅうの助成がありますのでご利用く ださい。(国民保険の方のみ)
 
他院との違い

患者様へ
- for you -

当院のご案内
- information -

コンテンツ
- contents -

kanai_bn_08.jpg

Copyright(c)2012Kanai Sekkotsuin. ALL Rights Reserved.